「よな歯科クリニック」札幌市東区東苗穂11条3丁目15-3          電話:(011)299-7483  2020-02-11

まずは清潔であること

当院では、私が患者であったならの思いを大切に、衛生管理を行っております。
タービン専用洗浄器、超音波洗浄をはじめ、歯科器具を高温・高圧の状態で完全に滅菌するオートクレーブを、ほとんどすべての歯科器具に使用しております。
また、クリーニングだけではなく、ハンドピースのメンテナンス機を使用し、常時快適な治療を提供出来るよう環境を整えています。


クリーニング後は常時紫外線照射されている滅菌庫への保管や滅菌後にパッキングして、
治療開始時に開封。
そしてエプロンやコップ等もディスポーザブルを使用しております。
安心してご来院下さい。

口腔外バキューム
優れた集塵効果で、汚染源になっている治療時の切削粉塵や飛沫を発生源から捕集。
診療室をクリーンで快適な環境に保ち、治療を受ける患者様はもちろんの事、
治療に携わるドクターや衛生士の健康も守ります。



ys2.jpg ys1.jpg fre.jpg ys.jpg ys3.jpg dsc01987.jpg yn5.jpg
kob.jpg kb1.jpg kou2.jpg

そして状況を詳しく把握すること

当院では、最先端のデジタルCTレントゲンを完備しております。
その他、治療時も口腔内カメラや拡大鏡を使い状況を詳しく把握し、負担少なく的確な治療を提供出来るよう心掛けております。

超高精細「歯科用CT(3D)デジタルレントゲン」完備!

大学・総合病院クラスでしか撮影出来なかったCT撮影が可能!
CTといえば、大学病院や総合病院にある大きな装置を連想されると思います。
通常CT撮影は、多額の費用を払い、解析・診断等に1~2週間の時間を要します。
近年、技術の進歩と共に正確な診査を元とした高度な治療を求められるようになりました。
当院では即座にCT撮影をすることが出来、より的確な治療方針を提示できます。
歯科用CT(3D)は、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、
断層写真を得ることができる装置です。
根管治療、親知らずの抜歯や歯周病治療、歯列矯正など様々な分野で、
CTによる正確な情報を元に、的確な治療計画を立てることが出来ます。

超高感度だから被曝量が軽減!お子様にも優しいレントゲン!
デジタルレントゲンに使われているX線センサーは、デジタルならではの高感度!
照射時間が短縮され、より低線量でのレントゲン画像取得が可能となります。
また、パソコンのデジタルモニターに直接映像を映し出すことが出来るため、
従来行われていたレントゲン写真の現像など、手間もなくなりました。
また環境にも優しく、スピーディーな対応が可能となります。

歯科用CTは少ない被爆で安心安全!
一般的な医療向けCTは、歯科医院で撮影するパノラマ写真の約10倍以上の放射線を照射するといわれます。
当院の歯科用CTデジタルレントゲンは、従来のフィルムを使用したレントゲン撮影に比べ、
人体に受ける放射線の量を約1/4~1/10に抑える事が可能です。
照射時間がかなり短く約10秒ほどで済み、安心安全です。

口腔内カメラ
口腔内カメラは、普段見ることのできない上の奥歯の外側や親知らず、
むし歯の中も映し出すことができます。
更には、肉眼では見えないような、歯根の中のヒビまでもご覧いただくことができます。

拡大鏡
当院では、より繊細で精密な治療を提供出来るよう、拡大鏡を使っております。

口腔内撮影
当院では、治療の履歴として専用のカメラにて口腔内撮影を行うことがあります。



dsc03471.jpg dsc03474.jpg dsc03477.jpg dsc03486.jpg








lumica.jpg dsc01991.jpg dsc01996.jpg

最先端の機器を多々活用

当院では、最先端の機器を活用しながら、負担の少ない、痛くない治療を心掛けています。

超音波スケーラー
超音波スケーラーは、主に歯肉縁上歯石のスケーリングを行なう際に使用します。
毎秒約25000~40000回の振動によって歯石を破壊し、除去します。
また、超音波スケーラーは歯石の除去以外にも、
クラウンなどの補綴物の除去や根管洗浄にも使用することがあります。



電動注射器
痛くない治療を目指して。
針の細い電動注射器の使用により注射液の圧力による痛みを軽減します。
強い力で一気に歯肉に麻酔液が入ると急激な痛みが発現するので、電動注射器により麻酔液の流入するスピードを一定にコントロールし、ゆっくり少量ずつ麻酔液を注入します。
手動の場合と比べ、注射中、精神状態等の微妙な変動が少なく、手動では困難なごく微量な
薬液の注入が可能になります。

根管長測定器
根管長測定器とは、歯科治療における抜髄、感染根管処置の治療の際に用いる測定装置です。
抜髄、感染根管処置の治療にあたっては、根尖部までしっかりと感染物質を除去し、
その後、根管充填材を根尖部まで綿密に充填すべきというのが歯科医学の考え方です。
それにあたって湾曲している根の正確な長さの把握が不可欠であり、
根管長測定器は口腔粘膜と根管内に挿入した測定電極の先端との間のインピーダンス値を測定することにより、根の長さを把握する装置です。



su12028229.jpg cos.jpeg cyo3.jpg


ご自宅でも的確なケアを

当院では、みなさまがご自宅でも快適に口腔内のケアが出来るよう、
多種多様にわたるケア用品をご用意しております。

歯ブラシなど、その方に適したものをご紹介しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。



dsc01969.jpg dsc01977.jpg dsc01173.jpg